6畳1間で考えた事。

自分が考えた・感じた、誰にでも、優しいをモットーにしたネタをお届け。

マンハッタン・ロングアイランド (NYC)を2週間旅をして感じた6つのこと。

アメリカは自由の国。

PPW_amerikakokkinokazaguruma_TP_V.jpg

先日、アメリカはニューヨークに2週間だけ滞在する機会があったので、アメリカンドリームといわれるように、何が日本と違うのか、ということを十分に感じられる旅行でした。

では、何が違うのか、私が感じたことを書いていきます。

 

■さすが自由の国! 人々が自由。

10287048_877956512230993_5441540246610736703_o.jpg

タイムズスクエアにお出掛けしましたが、超?有名な歌うカウボーイがいました。(笑)

どうやら、彼は、オイスターバーの宣伝で、タイムズスクエアに来ているとのことでした。

また、地下鉄のホームで、お昼頃からジャズを歌っている黒人女性。(かなりうまい。)

そして、60歳くらいの方が路上でギターを弾いていました。

老若男女、問わず、観客を通してドネーション(寄贈)をもらうということが非常に盛んだなと思いました。

ある時は、地下鉄の中で少年たちがスピーカーを持って、乗ってきて爆音を響かせてダンスする姿も。

ショーの本場、ニューヨーク。

とにかく発想が自由で、アイデンティティに溢れる街だなと・・・

そして、アグレッシブであり、人々が本当にパワフルだと感じました。

 

■レジ打ちの店員などが普通に話してくる。

10257558_877956255564352_8212675631042507845_o.jpg

日本だと

「いらっしゃいませ。」

「ありがとうございました。」

「こちら温めますか?」

など、機械的なようなレジです。全く人間味がありません。

 

ニューヨークだと

「今日の調子はどう??」

「これ、いいチョイスだね。 俺も好きだよ。」 

など。

ありがとうございました。いらっしゃいませの代わりに、何気ない会話をしてきます。

それは、地下鉄でも同様。

女性と黒人が、今乗り合わせたばかりなのに話をしてました。

 (初めて会った模様。 隣同士になって数分。そこから会話が始まっていた。)

人と人の距離が、メチャクチャ身近でした。

 

パーソナルスペースとかも無く、距離が近い分、本当に人々が本当に生き生きとして、生活する事自体を楽しんでそうでした。

 

 

■出勤前のカフェ率がやっぱり高い。

1961912_872234492803195_6010560043819569896_o.jpg

2週間、ほぼ毎日、朝の5時から活動していましたが、早朝にも関わらず電車からの乗り降りが非常に多い!

 

朝の5時から地下鉄の通勤ラッシュです。

 

皆、お早いなぁ…仕事好きなんだなぁ…と思ったら、カフェに立ち寄ったり、屋台を使ってコーヒーや、朝食を購入している模様でした。

もしくはカフェで、ベーグル等の朝食を食べていたり…

 朝のゴールデンタイムを大切にしている…さすがニューヨーカー…と、思ってしまいました。(さすがでは無いか(笑))

 

 

■ホームレスに優しい。

 

1402950_872243826135595_3451130914631519173_o.jpg

(さすがに、写真は撮れませんでした。。。)

さすが、ニューヨーク。

ホームレスもお洒落で、会話を楽しんでいたり、寄付が本当に日本とは比べものにならない位に頻繁に行われていました。

というか、『攻める』ホームレスのおじいさんという表現が適切なのかは分かりませんが、日本ではあまり考えられないような…ホームレスのおじいさんが、通行人などに向かって、話しかけていくのです。

しかも堂々と、攻めている。

自分を売り込むかのように。 

すごくうまいんですよね。

 

 

■マンハッタンに2週間泊まって感じた事... 

10272509_877957732230871_4283498094680415511_o.jpg

ものすごく違うなというところは、やはり人種の多さ。

そして、人と人との距離感が近い所。

区画整理された街並み、色々な文化が入り混じっていて、本当に刺激的かつ、独創的な街でした。

でも、東京と同じだなぁと、思うのは街ゆく人々が忙しそうな所。と、観光客が多いところ。

そこは、やはり変わりませんでしたね。

是非、皆さんもニューヨーク旅行を ★彡

本当にいい経験ができますよ。

意外と簡単だった!無駄な出費を抑え、貯金を増やす6つの方法。

無駄な出費を抑える事、それは本当に頭を悩ませる事ですよね。
また、貯金を増やす事も…
『貯金なんて無理…』、『今の給料、仕事では無理…』と考えてるかもしれませんが、少しの工夫次第ではコツコツとお金を貯められるかもしれません。
 ccc9v9a9997_tp_v
『鼻から無理』と考えるのでは無く、実は難しそうに考えるからこそ、無駄な出費は減らず、貯金が出来ず、負のスパイラルになっているかもしれません。
 
ちょっとの工夫で、無理なく楽しく、貯金をしましょう。
 
 

・寄り道を無くす

0i9a148215080803moyai_tp_v
 
無駄な寄り道を無くす事で、無駄な出費を抑えることが出来ます。
 
買う物をリスト化し、最小限買わなくては行けないものだけにフォーカスを当てる事で、出費を最小限に抑えます。
 
 

・現状に満足する

150404067582_tp_v

現在の状況に満足することで、余計に買い足す事を防ぎます。
 
現状で、本当に必要か。という事を買う前にもう一度考え直すと、以外と要らないもの、必要のない物を買っている事に気が付きました。
 
 

・本当に必要な物かを今一度考える。

 kenta012_hosiimonolist_tp_v
 
買ってから、後悔、損をしても、後悔先に立たずです。
買ってから後悔せず、欲しいなと思ったら一度思いを持ち帰り、頭の中で冷静に考え直し本当に必要かと言う事を今一度考え直しましょう。
それは本当に必要な物ですか?
 
一度、買うのをやめて、家に帰ってからじっくりと考えてからやっぱり欲しいと思えるものは、本当に自分が欲している物です。
 
また買いに行ったときにそれがなかった場合は、諦めて違うものをもう一度じっくり考えるか、インターネットを使って探してみましょう。
 
 

・良い物を長く使う。

pak85_shirukuno20141206160241_tp_v
良い物は何年使っても飽きが来ず、また、壊れにくいです。
 
高い物でも、安い物でも大切に扱えば長持ちする物もあるのですけどね。
 
何個も何回も買うよりも、良い物を一つ買って長く使うようにしましょう。(どうしても必需品であったり、お気に入りの物なら、良いのですが。)
 
 

・給与が支払われたら、定期的に貯金用の口座に入金する。

pasona_29_tp_v

 
どんな額でも良いので、給与が支払われたら、貯金用の口座に入金してみましょう。
もしくは、定期預金でも構いません。
急な支払いが生じる事もあるので、貯金用の口座を一つ作る事をおすすめ致します。
 
ほんの少しの額でも、定期的に入金する事で、無理なく貯金を行う事ができます。
 
支払われた給与内で、何とかしよう。では無く、支払われた給与−定期の貯金額=今月分として考えましょう。
 
 

・習慣化する。

pasona_10_tp_v
初めはキツイ…と感じるかもしれませんが、人間は習慣化する事で、それが当たり前。として、認識していきます。
歯磨きだって、身体・髪を洗う事だって、小さな頃から、ずっと積み立ててやってきていますよね。(やってない方はすみません。)
ただ、これこそ習慣です。
 
まずは、3ヶ月間試してみませんか?
 
 

・まとめ。

freee151108039472_tp_v
 
いかがでしたでしょうか。
いきなり大きな事をするのではなく、小さな事からコツコツとやる事。
それでも良いのです。
 
自分の身を削って無駄を省かないと!貯金しないと!と、無理に行う必要は全くありません。
 
『楽しく、コツコツ、じっくりと。』
 
貯金が増えていく様子をみると、何となくですが、嬉しく思えますよ。
 
是非、皆さんも一度試してみてください。

一日スマホを手放してわかった、大切な時間。

1日は、24時間。長いようで、短い。 

max_ezakidsc_0310_tp_v
 
筆者は、スマホ中毒かもしれないと思うほど一日の中で、スマホをいじります。
 
Twitter、検索、FacebookInstagram、カメラ、ゲーム・・・
 
そんな中で、一日スマホをいじらなかったら、どんな一日になるのだろうかと思い、1日24時間の間、スマホの電源をオフにし、出かけるときは、家にスマホを置いて出掛けてみました。
 
そんな中でわかった事、感じた事がありました。
 

 

■家族とのコミュニケーションの時間が増えた。

 
fcfg100155839_tp_v
 
SNSや、ゲームに気を取られているとそこに依存する時間が長くなり、あまり家族との時間や接点が減っていくような気もしますが、本当にそうだと思いました。
 
夫婦や家族、友人と話す時でも、スマホをいじりながら、話をすることも多い(私だけかもしれませんが。笑)ですが、フェイス・トゥ・フェイスで話すことで、話がきちんと頭の中に入ってきますし、何より話しているなぁという実感を得られました。
LINEや、メッセンジャアプリで話すのではなく、上質なコミュニケーションが得られるということを実感しました。
 
 

■一日の時間を有意義に過ごせた。 

tc9v9a4452_tp_v
 
休日という事もあり、読書したり、散歩したり、一眼カメラを持って写真を撮りに行ったり、ゆっくりとコーヒーを呑んだり、音楽を聴きながら掃除をしたりと、集中して自分の時間を作れているなという事がわかりました。
LINEやFacebook等からの通知から離れると、早く返信しないと…や、新しい通知はきているのか等、追われているような焦燥感から開放されるような感覚になりました。
 
 

スマホをいじる=習慣化している。 

tsu_chikakuniirukedokaiwahazenbu_tp_v
 
 
家を出て、出掛けた時、フとした瞬間にポチポチやっていた事もあり、何か気になった事があった時、検索しようと思い、ポケットからスマホを出そうとしていました。
「そういえば、今日はスマホを持ってなかったんだ。」と、ポケットに手を突っ込んでから気がつく事があったり、気になったものがあったら、すぐにスマホを出してカメラで撮影しようとしていました。
スマホ自体が身近にあり、なくてはならないものになりつつ有ったのだと改めて痛感しました。
スマホが傍に有ること=当たり前。という感覚で何か、時間が空いた時にはすぐにスマホいじろうとする自分がいることに気が付きました。
反面、サッと取り出して、情報を検索、保存、発信できるのはとても便利なことという事も痛感しました。
 

 

■街を歩いているとスマホをいじっている人が沢山!

poketmon20160722335015_tp_v
 
電車待ち、歩きスマホ、街を歩いていると片手にはスマホという人が、街中に溢れている事がわかりました。
電車の中でもポチポチ。
たまには、車窓から街の風景を楽しんだり、街の雰囲気に耳や目を傾けながら、歩くのも悪くはないのかなと思います。
 
スマホをいじっている人を見ると、自分のスマホにも通知が沢山きているのかな、とか、Facebookに新しい通知がきているのかな…等、気になって仕方ない事もありましたが・・・(笑)
 
 

スマホと1日離れてみてわかった事。

yuka160322010i9a4289_tp_v
 
それは、24時間という時間が、かけがえのない時間であること。
大げさかもしれませんが、時間というものは、戻ってきません。
自分が、スマホに捧げてきた時間が24時間の間にものすごく多い事が分かりました。
スマホはとても便利であり、身近にあるからこそ、使ってしまう。
 
しかし、スマホを主軸にして、1日を使ってしまうのは、勿体ないなぁと思いました。
 
1日だけ、スマホの電源をオフにて生活してみるというのもなかなかいいなと思いました。
それでなくても、スマホは必要最低限で触ってみるというのでも構いません。
 
かけがえのない今という時間は、今しか感じることができません。
家族との時間も、今しかないのです。
 
是非、皆さんもスマホと少し距離をおいて生活してみてください。
少しだけ、自分の時間を増やす事ができるかもしれません。

何事もうまくいかない、そんな時に試したい当たり前だけど、やっていないかもしれない方法。

長い人生、嫌な事もあれば、良い事もあります。

tsuyoshi-31_tp_v

仕事がうまくいかなかったり、何か心がスッキリしない。

何もやる気が起きない。

誰でも、一度は、そんな時ってありますよね。

今日は、私流のうまくいかない時にやっている事を書いていこうと思います。

 

■寝る前にスマホをいじらずに、ぐっすりと寝る。

anjyu160211268895_tp_v

不調な時って、睡眠がしっかりと取れていない事って多いですよね。

残業が続いて、終電帰り。

ごはんを食べて、風呂に入って、ベッドに入ったら、スマホをいじって、なかなか寝付けない。

っていう事、よくありますよね。

ベッドに入ったら、スマホは、いじらずに目を閉じる!

スマホが、ベッドの近くにあると、ついつい、いじってしまうので、私は、リビングでスマホを充電して、敢えてベッドルームには、何も置かないようにしています。

良質な睡眠こそ、疲労回復、思考力の向上につながります。

 

■本気で、部屋の掃除をする。

0i9a160415080826gomi_tp_v

私の場合、不調な時、疲れている時ほど、部屋の中がめちゃくちゃ汚れています。(笑)

脱いだ服がそのまま、テレビ台には埃が溜まっていたり、シンクの中にはお皿が溜まっていたり。

布団は、起きたらそのままの状態。

そんな部屋の中で生活しているので、気持ち的に、上がるものも上がりませんよね。

じっくりと掃除をして、いらない物は、思い切って捨てましょう。

お部屋は、自分の心を映す鏡。

これでもか!という位、掃除してスッキリしましょう。

心もスッキリしますよ。

 

■じっくりと風呂に入る。

green10_hurohamainichi20141123172139_tp_v

疲れていると、どうしてもシャワーにて澄ましがち。

時間的にもサクッと終えられるので、良いですが、身体の芯まで温まりません。

身体の冷えは、心の冷えにもつながります。

しっかりお風呂に入って、身体をじっくりと温めましょう。

入浴後にストレッチをすると、身体も心もスッキリしますよ。

 

■お休みの日だからこそ、時計・時間を気にせずに過ごす。tsu_smartphonemucyuu_tp_v

休みの日ってせっかくのお休みだからと、時間を気にしすぎて、有意義に過ごそうとしすぎて、キツキツに予定を詰めて、行動したり、もうこんな時間。。。あぁ、明日から仕事と思うことってありますよね。

それだと、気持ちも萎えちゃいます。

お休みの日だからこそ、やりたい事を時間を忘れて満喫しましょう。

眠りたいだけ、眠る。

ゲームをやりたいだけ、やる。

無心で、本を読む。

たまには、予定を立てずに、時間を気にせず、好きな事をやる事も大切なのかもと、思います。

 

■昔に使ったもの、遊んだものに触れてみる。

ped_natukasiisuma-tobo-rudai_tp_v

昔に使ってたものや、昔にやっていたゲームを引っ張り出して行いたくなる時が、ありますよね。

自分の場合、不調なときにこそ「あぁ、もう一度やろうかなぁ。」とか思うことが時々、あります。

懐かしさと、どことなく調子が戻ってくる感じがします。

 

■まとめ。

iris16011444_tp_v

いかがでしたでしょうか。

私の場合、不調な時こそ、当たり前にすべき事が、ないがしろになりがちです。

不調な時こそ、初心を思い出す事が、大切なのかもしれません。

みなさんも、是非、試してみてください。

ちょっと待って!焦らないで!定期券を無くしたら・無くす前に行いたい事。

定期券って、今はご当地の電子カードが沢山・・・

キタカ(北海道)Suica(関東)・・・などなど。

無くなったと思ったら、他のズボンのポケットの中にあった。とか

実は机の片隅に有ったとかありますよね…(筆者だけですかね。笑)

 
それはともかく、本当に定期券を無くす事だってありますよね。
 
そんな時に焦って、定期券を買い直す前に、まずは、みどりの窓口へ行きましょう。
 
 nkj56_kaisatusyakai_tp_v
 
■実は定期券は再発行できるんです。
 
上記の通り、定期券は再発行が可能なのです。
まずは、みどりの窓口に行き、駅員に定期券を無くした旨を伝えましょう。
 
普通に買戻すよりは、安く済みそうです。
 
nkj56_icjidoukaisatu_tp_v
 
■留意点
 
・再発行には2日ほど掛かる。
・再発行代として、2050円必要。
・無くした定期券の中に入っているデポジットが入っていたとしても、それは移行できません。
・万が一、古い定期券が見つかったとしても、その定期券はもう使えません。
 
定期券を無くした時ってかなり焦りますよね。
 
また、買い直さないと…とか、どこに置いてきちゃったんだろう…
 
と、とにかく焦ります。
 
また、買い直さないと…と、焦る前にまずは、一つ確認してみてください。
 
 
■定期券を無くす前にやっておきたい事。
 
私の場合、俗にいう忘れ物常習犯で有り、置きっ放しの常習犯だったため
 
これまで、定期券は人生で2回、無くしております。(うち、1回はポケットの中に入ってました。笑)
 
という事で、そんな忘れ物に置きっぱなし常習犯の私が行った事は・・・
 
・名刺入れの中に定期券を入れておく。
名刺入れは、まず忘れません。。。とは、言えませんが、忘れる機会は格段に減りました。
それでも、飲み会の席等でついついはしゃいでしまい…ポロッと落ちてしまっていたり
忘れてしまう事も有るんですよね。。。
 
そこで、ダメならと・・・
 
・カードキー入れに定期券を入れ、紐をかばんに結びつけておく。
 
これなら、カバンが複数ない限り、また、カバンを忘れない限り、定期券を忘れる事はありません。
 
後は、紐の強度が強い、外れにくい物さえ、選べば、最強のマストアイテムです。
 
それからというもの、私は、定期券を忘れなくなりました。
 
カードキーで、タッチするときは、定期券を抜かないと磁気同士が共鳴?して
 
開かなかったりするのですが、とにかく、しまうのは、カードキー入れの中。
 
使い終わったら、カードキー入れの中。
 
というのを徹底して、定期券紛失に勤しんでいます。
 
kawamurakaisatu_tp_v
 
スマホを定期券にする。
 
 
iPhoneやアンドロイド等、今はスマホ毎、定期券になったり、電子マネーとして使えます。
 
常に肌身離さず持っているスマホを定期券の代わりにすることで、定期券の紛失・忘れを未然に防ぐ
 
確率はかなり上がるのではないかと思います。
 
紛失を防ぐ確率も上がり、定期券の荷物分のかさばりを無くす事も可能です。
 
一石二鳥。
 
しかし、スマホを無くした時は、必然と定期券も無くしてしまうという事になるので
 
注意が必要です。
 
pak_traind8421_tp_v
 
いかがでしたでしょうか。
 
何よりも、まずは、”忘れない”という事が大切なんだなと自分自身、書いていて実感いたしました。
 
それでも、忘れてしまうのが・・・人間なんですよね~。(笑)
 
皆さんも是非是非、活用していただければと思います。

無職・ニートに語学学習をオススメする理由。

私は、現在ニート無職です。

 

無職ほど、自分の時間を持てる時はありません。

しがらみから解放されて、好きなことに時間をさけますよね。

 

インターネットをしたり、ゲームをしたり、テレビを見たり・・・etc

旅行をしたり、自分磨きの時間に当てるのも有りです。

 

とにかく自分の好きなように時間を使えます。

 

そんな中で、自分にとって、良い気付きがありました。

 

それは、自由時間が有る今だからこそ「語学学習」をすることです。

 

何故か、というのは、以下でお書きします。

 

■自分の知的財産が増える。PASONA_10_TP_V.jpg

 

まず第一に根本的に考えて、母国語以外の他言語を話せるって格好良くないですか?

それに、もしもあなたが海外旅行が好きだとしたら・・・旅行をした時に役に立ちます。

 

インターネットの普及により、外国人と関わりを持つことは格段に容易になりました。

また社会でもグローバル化が進んでいます。

 

そして2020年にはオリンピックも始まるので、訪日外国人の増加が見込まれています。

困っている外国人を見た時、そんな時に、格好良くスラスラと案内できたら、これこそ、「お・も・て・な・し」ですよね?

 

そこから、話が膨らんで、友達になったり、彼氏・彼女、はたまた結婚に発展する事も有るかもしれません。 (もしかしたらですが)

 

外国語を話せるだけで、出来る事が格段に増えるという事を考えました。

 

■学習を習慣化することで、もしも仕事が始まっても語学の学習を続けられる可能性が増える。

PAK23_husentomemo20140313_TP_V.jpg

今まで、培った語学学習、せっかくここまでやったのに・・・と、ならないよいう、今のうちにみっちりと学習する習慣を作っておくことで、今後も続けていく事が可能かもしれません。

 

私の場合は、仕事が忙しかろうが、暇だろうが、無職だろうがニートだろうが毎朝のコーヒーは欠かしません。

 

それこそ、「朝はコーヒーを飲む」という行動が脳内にインプットされており習慣化されているのです。

 

一連の動作として、語学学習を習慣化することで、どんなに忙しかろうが、暇だろうが、無職だろうが語学学習を続けられるのではないかと感じました。

 

無理に、続ける必要もないのですが少なからず、習慣に取り入れることで、「続けられる。」という気持ちは格段に高くなるのではないでしょうか。

 

■自分に自信が持てるようになる。

YUSEI_onsyanikyou_TP_V.jpg

今まで、出来なかったことが、出来るようになると、それって自信に繋がりますよね。

 

自分は、少なからずそうです。

 

学習スピードは人によって違います。

 

遅くても、早くても語学って努力を続けることで習得出来ますよね。

 

語学という事ほど、努力がものをいうことはないと思います。

 

スポーツやデザイン等も努力がモノを言う事だとは思いますが、その分、感性や、センスも問われます。

 

確かに語学にもセンスは有るとは思います。しかし、語学ほどやったらやった分、努力したら努力した分、返って来るものは無いと私は感じました。

 

例え、流暢ではなくても、カタコトだとしても、他国の人と会話が出来るんです。

自分が頑張ってきた事が、自分の中に返ってきてくれる。

 

これほど、自分に自信が持てるものって他にあります?

 

■語学は一日にしてならず。焦らずにじっくりと、ゆっくりだって良いんです。NARISHIGE0I9A6827_TP_V.jpg

実のところ、私の嫁は韓国人です。

 

嫁さんと出会ったとき、ハングルの読み方、書き方を簡単に教わりました。

 

このとき、ハングルの言葉の作り方ってなんて面白いんだろう!と感動したことを今でも覚えています。

 

自分が面白いと思ったことは、飲み込みも早く、嫁さんも私の吸収力に驚いていました。

 

私自身も、嫁さんが驚いてくれたり、喜んでくれたりすると、どんどんやる気が出ました。

 

そして、韓国最大手のインプラント会社に入りました。

が、全く社員と話せない、会話についていけない。という事もありました。

 

そして、結婚の挨拶のため、初渡韓。

嫁の家族は韓国語・英語しか話せません。

 

私は、嫁の家族とコミュニケーションを取ろうとしても、英語も出来ない、韓国語もカタコトで、本当に毛が生えた程度の事しか言えないという状況だったので、コミュニケーションを取る手段がありませんでした。

 

嫁さんに通訳をしてもらいながら、コミュニケーションを図る・・・

冗談も言いたいし、もっと深く話したいのに・・・というもどかしい気持ちはありました。

 

そして、私自身のコミュニケーション能力からしても、韓国語を覚えるスピードからしても、もっとコミュニケーションが出来る、と勝手に自信を思っていたのです。

 

しかし、会社でも、嫁の家族との食事の席でも皆が話しているとき何を言っているのかわからない、雰囲気で感じ取ることは出来ますが、本当にわからないのです。出来る事は、雰囲気を感じてただ、相槌を打って頷いたりするだけ。

 

家族や社員が優しく気を使って、ゆっくりと話しかけてくれたり、身振り手振りで表現してくれたりしてくれました。

そんな気遣いが、とても嬉しい反面、辛かったなと思います。

 

楽しく食事をしたいのに、自分だけが会話に入れない、とても居づらい、という状況が何度もありました。

 

本当に情けないなと思うこともありました。

 

そんな意味でも、必要ということは十二分にわかっていましたが、なかなか学習しようと思えなかったのです。

 

あまりにも、自分がコミュニケーションを取れないこと、何を言っているのかリスニングさえも出来ない、話せない、わからないと言う状況ですっかり自信を無くしてしまいました。

 

そう言う意味でも、短期間で韓国語を習得して、無理にでも話さなくてはいけないと言う勝手な思い込みをしてしまい、絶対にそんなの無理!と思ってしまいました。

 

また、別に無理に韓国語を話さなくても、嫁は日本語話せるんだし、家族と会話するのに韓国語なんて覚えなくても良いだろ。と、思ってしまいました。 (本当はいけないんですけどね。)

 

そして、自分の中で、韓国語に対しての壁を勝手に作って、韓国語を覚えようとする事を一時ストップしてしまいました。

 

大袈裟ですが、自分にはそれ位の過信があって、そのショックは大きかったのです。

そのショックをバネにする力も無く、ただただ中身の詰まっていない自信しかなかったのです。

 

しかし、あるとき、キッカケが出来たのです。

 

youtubeで韓国人が、日本語で話しているのを見かけたのです。

 

ただ、それだけなのですが、その方は大学・高校で日本語を習って話せるようになったとの事でした。

 

語学って、1ヶ月や2ヶ月で習得出来る程、甘くないとはわかっていたはずでしたが、自分自身のどこかに、俺はもっと出来るんだ。という過信があったのです。

そんな意味でも、ゆっくりでも良いんだ、継続して続ける事が大切なんだ。と思い直したのです。

 

自信は、しっかりと勉強して努力して作ればいいとも。

 

という事もあり、再度、韓国語を勉強し始めました。

 

一度、学習していたことなので、スラスラとはいきませんが、少なからず頭の中に入ってくることを実感したのです。

 

そういう意味でも、語学は一日にしてならず、焦らずにじっくりと、ゆっくりだって良いんだと感じました。

 

■まとめ

150415341856_TP_V.jpg

私のように韓国語に限らず、何の語学にしても一日にしてならず。

 

本当にそんな気がします。

 

とにもかくにも言いたい事は、時間の有る今だからこそ、語学という壮大にして、身近な取っ付きやすいことを勉強することが良いのではないかと感じました。

 

語学スクールに通うのも良いと思います。

 

しかし、趣味として参考書を買ってきて、自分のペースで始めて自分のペースで行う事も有りだと思います。

 

皆さんも語学勉強、始めてみませんか?